おっさんのつぶやき

外反母趾について

舞鶴のスポーツ整体プロ、総合整体療法室です。

今回は外反母趾について投稿してみようと思います。

外反母趾とは?

昨今、テレビなどでよく放送されているので皆さんよくお分かりだと思いますが足の親指が小指側に曲がっていくことを外反母趾と言います。

外反だと親指が反対の親指側に曲がることと思ってる方も中にはおられます。

人間の身体を中心にして外側に向いていくのを外反と言い、身体の中心に向いていくのを内反と言います。

ここを間違えないようにしておいてください。

それでは外反母趾の重症度判定について書いていきます。

正常は9度〜15度

軽度は15度〜20度

中等度は20度〜40度

重度は40度以上になります。

軽度は普段の生活においては痛みはほとんどありませんが運動して疲労が蓄積してくると痛みがでてきます。

中等度は普段の生活でも痛みがあり運動すると激しい痛みを伴います。

重度は普段の生活でも激しい痛みがあり立っているだけでも痛みがあり歩行や運動はこんなんで手術をしなければならない状態です。

では何故外反母趾になるのか?

ここですよね☝️

外反母趾になる原因としては日常生活の中で指先を使っていないと言うことが挙げられます。

特に女性に外反母趾が多いのは仕事柄パンプスやハイヒールを履くことが多いためです。

パンプスやハイヒールを履くと指先が曲がった状態で歩くため踵が使えなくなります。

そうすると足底筋(足裏の筋肉)が使えなくなっていき、次第に筋肉が硬くなっていきます。

また子供にも外反母趾が多い理由として現代はほとんど舗装された道の為、土踏まずと指先を使って歩くことができないためでもあります。

そして自論になりますがクロックスをはいているほとんどの子供が足裏が疲れるということを訴え、足を見てみると外反母趾の前兆の浮き指の状態になっています。

浮き指は足の人差し指から小指までが床に着かず浮いている状態です。

このような生活環境から外反母趾は現代病と言って良いと思います。

では外反母趾にならないためにはどうするのか?

はたまた外反母趾になってしまった場合どうするのか?というのがしりたいですよね。

重度になるとほぼ手術しないと回復は見込めないと考えます。

では中等度までは筋肉調整と運動療法で改善していきます。

クロックスを履いたりして浮き指の場合は草履やビーチサンダルを履くことにより改善していきます。

勿論冬は寒いので草履やビーチサンダル履くのは無理ですよね。

そのような場合は当たり前のことですが歩行トレーニングで改善できます。

外反母趾や浮き指の方は歩き方がスリ足やペタペタ歩きになっています。

スリ足は歩く時に床を擦る音が聞こえるためスリ足といいます。

ペタペタ歩きは歩く時にペタペタ音がするのでペタペタ歩きと言います。

この二つ歩き方を矯正することにより外反母趾と浮き指は矯正できます。

しかし歩行改善では中々無理です。

そこで運動療法も同時にやっていきます。

足首を回す、足の指を曲げ伸ばしする、踵から爪先にに体重移動させる運動をすることにより足の裏とふくらはぎの筋肉が使えるようになり外反母趾と浮き指が改善します。

勿論外反母趾や浮き指にならないためには、正しい歩行理論は勿論のことですが、パンプスやハイヒールやクロックスを多用しないことが1番です。

余程のことがない限りスニーカーなどを履いて出かけることが大事になってきます。

日常生活で履くものの使い分けをしっかりしていくことが大事だと思います。

外反母趾や浮き指などでお悩みの方は是非一度総合整体療法室にご相談ください。

筋肉調整を行い、骨格を矯正し、運動療法により外反母趾と浮き指の改善をお客様と一緒に取り組んでまいりたいと思います。

外反母趾と浮き指は早ければ早いほど改善していくスピードも早くなります。

運動している子供は外反母趾や浮き指か改善されるとスポーツにおけるパフォーマンスも変化してきます。

皆様からのご相談お待ちしています。


東舞鶴高校女子バスケットボール部トレーナー活動

舞鶴のスポーツ整体プロ、総合整体療法室です。

9月12日東舞鶴高校女子バスケットボール部へトレーナー活動に行ってきました。

恒例の月一トレーナー活動☝️

今回で3回目です。

過去二回の指導は体幹トレーニング‼️

バスケに限らず全てのスポーツに必要なもの、それは体幹‼️

最初行かせていただいとき監督とお話しさせていただくと体幹が弱いですと聞き8月の時に体幹トレーニングを指導しました。

8月の投稿に詳しいことは書いてあります。

今回は下半身強化を指導してくださいということでしたので下半身トレーニングを指導してきました。

バスケットボールは常に膝を曲げて行う競技☝️

膝が不安定な状態が常に続き、競技中選手同士が当たるのも常☝️下半身がしっかりしていないと軸が安定しない、怪我のリスクが大幅に上がるなどの原因となります。

そういうわけで今回はバスケットボールに必要なトレーニングを実施させてもらいました。

ボールを持ったままのスクワットやランジを指導。

以外に聞くんです‼️この地味なトレーニングが••••••••

後は腹筋も鍛えないといけないのでボールを持ったまま体幹を安定させるための腹筋も実施せてもらいました。

選手達は少しずつですが体幹ぎ強くなってきてプレーの質も上がってきています。

しかし一朝一夕には試合で勝つことはできません。

地道にやって課題を1つ1つ潰していくことが大事です。

今週から始まるウィンターリーグで一試合一試合課題を見つけて課題を克服して来年に繋げて行ってほしいと思います。

勝っても課題探し、負ければ当然課題はあるわけです。

勝ったことに満足せずより良いチームプレイができるように団結を強化して頑張っていって欲しいと願うばかりです。

頑張れ東舞鶴高校女子バスケットボール部💪💪💪💪


近畿ユース陸上競技大会

舞鶴のスポーツ整体プロ、総合整体療法室です。

9月15日、16日、17日の3日間で近畿ユース陸上競技大会が滋賀県皇子山競技場で実施されました。

今回は選手2名が男子走り幅跳びと男子100m走に参加いたしました。

台風が近づくなかでの競技でしたが15日は天気は晴れ時々曇りで湿度も低くく絶好の競技日和☝️

走り幅跳びは予選を通過してベスト8で決勝に進出。

決勝では跳躍距離が伸びず第8位、しかし群雄割拠の近畿でベスト8は大したものです🙌

競技終了後は筋肉の調整を実施して骨盤の矯正も実施しました。

跳躍競技は衝撃が大きく腰、骨盤に大きな負荷がかかります。

今回の帯同で調整方法がわかったので次回競技前からしっかり調整を入れて競技に臨んでもらうようにしていきます。

他には身体の歪みもみられたのでトレーニングにより歪みを矯正してベストパフォーマンスが出るようにしていってもらいます。

2日目は台風の影響で雨☔️

この日は競技参加の選手はいません。

競技前日の男子100m走の選手は朝早く競技場に行きアップを実施。

選手が宿泊先に帰ってきたところで私の部屋で筋肉の調整を実施し次の試合に備えてもらいました。

3日目は男子100m走当日☝️

当日の動きは

1.アップ前に調整

2.アップ

3.アップ終了後調整

4.男子100m走予選

予選は見事通過🙌

5.予選終了後調整

6.決勝前アップ

7.決勝前アップ終了後調整

8.決勝‼️

決勝では見事3位入賞🙌

ゴール前で見事3位の選手を捉えて抜き返しゴール‼️

ホッとしました☺️

足の調子が芳しくない中での競技だったので細かい調整を入れながらの競技‼️

私も緊張しながらの調整だったのでホッとした瞬間でした😊

競技終了後はもちろん最後の調整をして終了しました。

今回の近畿ユースは参加した選手が2人ともベスト8以上🙌

結果としては次に繋がる結果となりました😄

今年の大会はあと3回‼️

さぁ次の大会は両丹ジュニア陸上競技大会‼️選手全員が納得の行く結果を出して良いイメージで来年に繋がるように全力サポートしていきます。


受診の結果

舞鶴のスポーツ整体プロ、総合整体療法室です。

前回の投稿で右肘内側の痛みによる受診の投稿をしました。

受診の結果は骨に少しだけ変形がみられました。

肘が伸ばせる時点で剥離骨折はないと思ってましたが結果、骨の剥離骨折はありませんでした。

レントゲンでは靭帯の炎症や筋肉の炎症などはわからない為、後日MRI撮影して検査することになりました。

肘関節ストレスチェックでは肘関節の緩みもみられなかったため靭帯は断裂及び部分断裂はないと推測されます。

この日の検査はこれで終わり診察室出る前に医師に鎮痛剤と貼り薬の処方をお願いしました。

とにかく少しでも痛みを抑えておかないと仕事に支障が出てくるし痛みで腕に力が入らなくなりますからね💦

病院から帰った後は専門学校の学長に教えていただいた筋肉と筋膜を緩めて対応しています、調整後は少し楽になりますが痛みが完全になくなるまでは、まだまだ時間がかかりそうです。

長い間かけて筋肉が硬くなり、それが原因で骨が変形してますからね。

高校の時に肘が痛くなった時、接骨院ではなく整形外科で診察してもらってれば早く対応出来て骨の変形は招かなかったかもしれません。

今回、自分の肘の骨が変形して感じたことは違和感や痛みを感じたら速やかに受診をすること☝️

そして早めの対処とケアを行うことが大事だということですね☝️

あと定期的な筋肉の調整と正しいセルフストレッチを実施して少しでも長く競技に携われるようにすること☝️

この三点につきます。

みなさんも筋肉の張りや違和感や痛みを感じたらケアを行い元気になりませんか?

また総合整体療法室ではスポーツで肘の痛みや違和感を感じてる子供達にも対応しています。

子供が肘の違和感を訴えている保護者の方がいましたらお気軽に連絡下さい。

運動出来なくなってからの治療は時間もお金もかかります💦

早めの処置で早期復帰‼️

皆様からのご相談お待ちしています。

MRI検査後、結果をまた投稿いたします。


受診

舞鶴のスポーツ整体プロ、総合整体療法室です。

前回の投稿から約1ヶ月半、今回の投稿は自分の事について投稿しようと思います。

今年の7月に中学校の外部指導員に指名され柔道部を指導するようになりました。

その直後から右肘内側に痛みが出るようになり、ストレッチや湿布を貼ったり、サポーター装着してしのいできました。

しかし8月ぐらいから安静時、運動時、仕事時問わず痛みが出るようになり、更には洗髪、洗顔の時も痛みが出るようになりました。

更には肘可動時に違和感、痛みが頻繁におこるようになり、こりゃいよいよ受診せなあかんわ〜と思うようになり、しかし仕事やトレーナー活動で全く時間が取れず、ひたすらサポーターを装着し痛み止めを飲み騙し騙し今日まできました💦

私の我慢も限界を超え知り合いのDr.に診察の相談。

舞鶴日赤の先生に連絡をしていただき今日の受診に至りました。

現在、診察待ち☝️

で☝️私の肘の話に戻ると元々中学校の頃から肘は爆弾持ち💦

接骨院に言って電気を当てて治療してましたが症状は良くならず💦

高校卒業後は柔道する頻度が少なくなったので肘の痛みは忘れた頃に現れて、そして知らぬ間に消えている状態☝️

その間受診してレントゲン撮影することもなく今に至ります。

しかし今回の肘の痛みは尋常ではなく夜も痛みで目が覚めて眠れないこともざらにあり受診を決意しました。

野球トレーナーとしても投球動作指導、バッティング指導にも相当支障が出ていて痛みを我慢しながら指導‼️

そのあとは大体痛みが増し2日〜3日は痛み止、湿布を貼りやり過ごす日々💦

最近は右手で物を持つのにも痛みが出ています。

これを読まれた皆さんも筋肉調整、湿布をしても症状が良くならない場合は早期に受診して骨に異常がないか病院で診察していだだくことをお薦めいたします。

現在も診察待ち。

診察結果をまたブログで投稿しますので少々お待ち下さい🙇

それにしてもブログ投稿している間も肘に鈍い痛みが••••••••••😭

あー痛みにムカつきを覚えますわ😔


東舞鶴高等学校女子バスケットボール部トレーナー活動‼️

舞鶴のスポーツ整体プロ、総合整体療法を室です。

今年も気がつけば8月になってしまいました。

今日、8月1日は東舞鶴高等学校女子バスケットボール部へトレーナーとして行ってきました。

今月から東舞鶴高等学校校長先生の許可をいただき月一回行かせていただくことになりました。

今日のトレーナーメニューは選手のアップチェックから始まり、体幹チェックを実施しました。

アップについてですが監督が良いメニュー組んでくれてるのに選手の意識が若干低く非常に勿体無い状態‼️

意識してる選手は意識できてました。

体幹は皆、予想より強かったです。

公立高校は私学と違って中々良い選手が集まりにくいのが実際問題あります。

私学は選手を特待生で来てもらう事が出来るので強くて当たり前です。

しかし、現有戦力で勝つためにはどうするのか?

ここが大事になってきます☝️

そこで今日は、選手個々の能力を上げるため基礎的な自重トレーニングを指導していきました。

ドリブル、パス、シュートに必要な自重トレーニングです。

写真は自重トレーニングの1つです☝️
結構キツイです💦

それから基礎的なミニハードル、ラダートレーニングで瞬発力と俊敏性とスピードトレーニングを実施。

以外にできないんですよね。

私も、そもそも柔道部だったのでミニハードルやラダーはトレーナーになるまでやった事はありません。

メニューを持っていく前には自分が練習して持っていきます。

見本見せないといけないですからね💦

見本を見せて選手に実施してもらいます。

できてるようで出来ていないフィジカルとアジリティー💦

でも、そこに気づいてもらうためにメニューに入れました。

バスケットボールはウィンターシーズンがあるので夏休みは徹底して練習してもらいます。

これにより両丹地区の強豪校と互角に渡り合えるようになって欲しいです。

練習の終わりには「みんなが戦力であり、監督がここではこの選手を使う」と言う選手にならないといけないという話をし、「後輩がこのチームでバスケットボールをしたい」というチームを作り上げる事を目指す事と、「絶対に無理‼️」、ミスした時に「だって」の言い訳をしない、練習中に「しんどい、辛い」の言葉をしないと言うことを話しました。

チーム競技なので如何にミスを少なくし、相手のミスを逃さずチャンスを掴んで勝ちに繋げるかを話しました。

徹底的に負け犬根性は排除‼️

やれば出来る事を選手にしっかり学んで行って欲しいと思います。

次は1ヶ月後の9月です。

今日のトレーニングメニューをしっかり実施して成長してる事を願っています🙏

今日はトレーナー活動の最後に外反母趾改善と防止の為の運動を指導して終わりまし。

充実した3時間でした。

まだまだ勉強して行かないといけないのでやり甲斐があります。

総合整体療法室では、各学校の部活動指導も承っています。

何かお困りの事がありましたら是非ご相談下さい。

皆様からのご相談お待ちしていますm(_ _)m


陸上競技高校記録会

舞鶴のスポーツ整体プロ、総合整体療法室です。

学校が夏休みに入ってのすぐの7月21日 金曜日に陸上競技高校記録会が京丹波町の丹波自然公園陸上競技場で実施されました。

私はいつも通り京都共栄学園高等学校陸上競技部にトレーナーとして帯同してきました。

記録会と言っても公認記録になれば記録としてしっかり残りますし、秋に愛知で実施される日本ジュニア・ユース大会の標準記録を突破すれば出場権利を得らる記録会でもあります。

三年生は女子槍投げの選手が自己新を出す事ができました。

後の選手は、連戦での疲れや受験勉強の疲れから中々納得の行く記録が出ず悔しがっていました。

陸上競技はトレーニング効果が目に見えて出る選手は稀であり殆どの選手は数年後に結果が出る競技でもあります。

今がダメでも大学進学して陸上競技を続ける三年生が多いので次の大学で結果が出るように精進して欲しいと感じています。

そんな中、二年生男子100m選手が日本ジュニア・ユース大会の標準記録を突破して大会出場を決めました。

本当に努力の賜物としかいいようがありません。

指導者やトレーナーは自分が指導している選手が結果を出した時は「手柄(結果)は選手のもの」であり選手の結果が伴わない時は「指導者の責任」と反省して次に勝つにはどうするかを研究、工夫する必要があると考えます。

よく選手の手柄を自分のものにしたがる指導者を見かけますが私は、そんな指導者を見るたび残念でなりません(泣)

選手に楽しく競技してもらい、時には厳しく指導し人間として立派に成長してもらう事が指導者の責任だと常々考えています。

明日は午前中に京都共栄学園高等学校陸上競技部にトレーナー活動で指導してきます。

これから本格的に暑くなってきます。

熱中症対策をしっかり指導して股関節の可動域拡大を図るため股関節のストレッチ指導もガッツリ指導して選手に地獄を見てもらおうと思います。

最後に「忍耐、堪忍は最高の修行である」の言葉を胸に来年に向けて指導していきます。


中丹中学校柔道大会

舞鶴のスポーツ整体プロ、総合整体療法室です。

7月16日海の日に中丹中学校柔道大会が福知山市三段池公園武道場で実施されました。

私は白糸中学校柔道部外部指導コーチとして帯同して行きました。

2ヶ月間私や長男の同級生のお父さん、中学校柔道部のOGの方の指導により弱小柔道部が男女共に団体で奇跡の府大会出場を果たしました🙌

今まで私が試合を見に言っても、どうせ負けるからと言う気持ちが表に出ていて「うーっ腹たつー‼️」が正直な感想でした(泣)

縁あって子供の通う中学校柔道部の外部指導コーチに就任。

最初見た時の部活の状態を簡単に言うと「柔道部とは名ばかりの状態いわゆる惨状」でした(泣)

受け身はまともにできない

打ち込みはまともにできない

寝技はまともにできない

組手はまともにできない

崩しはまともにできない

もっと驚愕したのは柔道をするための基本体力がない事でした(泣)

私ら世代なら分かると思いますがTBSドラマのスクールウォーズのラグビー部状態ですわ(大汗)

長男の同級生のお父さんがガッチリ技を指導してくれて、私はトレーニング指導をガッチリしていきました。

人間やる気になり負けることを恐れなくなれば勝負強くなるもので5月の時の試合に比べれば格段に成長し試合運びが上手くなり格上相手にも良い柔道ができるまでに成長しました。

しかし今の柔道は立ち技をおいて足を取り投げる事は禁止されています(泣)

同じ体重で身長差があると戦いにくくなるのは当たり前のことで、そこが不利でも諦めずに試合に臨めた事が最高の収穫だったと感じています。

今後はスピード、瞬発力、俊敏性をアップさせる為SAQトレーニングをしっかりいれていき三年生引退後の秋の新人戦に向けて強化して行こうと考えてます。

諦めなければ必ず道は開けます‼️

私の指導モットーは「負けても怒らない、いい点を褒めていき、何故負けたかアドバイスして考えさせる」ことです。

私の座右の銘はお釈迦さまの言葉で「為すべきことがあるならば、それを為すべきである。そして断乎実行せよ‼️」です。

今後の白糸中学校柔道部に注目して下さい。

みなさん白糸中学校柔道部の応援をよろしくお願い致しますm(_ _)m


京都選手権陸上競技大会

舞鶴のスポーツ整体プロ、総合整体療法室です。

7月14日、15日の両日で京都選手権陸上競技大会が実施されました。

今回も京都共栄学園高等学校陸上競技部に帯同してトレーナー活動してきました。

この時期は梅雨にもかかわらず30℃を超す暑さ💦

選手の状態を見ながら熱中症対策に気を配り身体の調整を実施していきました。

三年生は、ほぼほぼ自己新を更新、しかし男子槍投げの選手が自己新を更新していない状態‼️

槍を投げた時のリリース時に肘が曲がり槍が飛びにくい状態になっていました。

この選手は元々野球のピッチャーで中学の時カーブを多投していた選手です。

そこで私はFacebookの記事で元プロ野球選手が少年野球指導の記事を読みカーブはリリース時肘を曲げずに手刀を打つように腕を振ると書いてました。

早速私は手刀を打ってみる、ちなみに私は柔道と空手の経験者です。

おー‼️なるほど‼️

京都選手権で早速、腕振りのアドバイスをしました。

シャドーで腕を振っても肘が痛いと言っていた選手が「肘いたくないですね」と言い競技に行きました。

結果、「下半身の踏ん張りが利かなかった割に腕がしっかり振れたので槍がスムーズに運べ自己新がでました。」と言って帰って来ました。

女子槍投げ選手も、しっかり腕を振る事ができ男女共に自己新を出す事ができました。

毎回トレーナー活動して思う事は、この競技だからこの理論やこの練習ではなくナゼ記録が出ない何故パフォーマンスが上がらないと思った時には他のスポーツからヒントを得て指導していく事が大事だと痛感させらます。

若い頃は、こんな話聞いても無駄やろとか役に立たんやろ思ってたいましたが「人の話の中から何かを掴みとる」という事がいかに大事かを今になり改めて思う今日この頃です。

トレーナーは何故を考えなくなるとダメになる‼️

常にアンテナを張り巡らし情報に敏感なトレーナーであるために日々頑張って行こうと思わされた京都選手権陸上競技大会でした(笑)


中学校柔道部外部指導コーチ

舞鶴のスポーツ整体プロ、総合整体療法室です。

6月15日から白糸中学校柔道部外部指導コーチに指定されました。

最初は何から手をつけていいかわからない状態の惨状‼️

まずは基本となる受け身から始まり、基本的なトレーニング、組手、技の入り方から入り何とか形にして7月9日の市内総体に出場しました。

結果的には、ほぼほぼ惨敗といだていいほどの結果💦

しかし、確実に柔道としての進歩は見られました。

今の柔道は立ち技において足を取って投げる事は禁止になっています😭

小さな選手が大きな選手に勝つのはほとんど無理と言っても過言ではありません。

そこで昨日は部活強化週間に入っているので1時間、スピード、俊敏性、瞬発力、パワーを向上させるためのラダートレーニング、ミニハードルトレーニング、バトルロープトレーニングを実施しました。

柔道といえどもスピード、俊敏性、瞬発力を上げるのは必須になってきます。

わたしが今まで見てきた陸上、野球、バスケットボールのなかで、これは柔道のトレーニングに使えると思う基礎的なものをチョイスして実施させました。

これを夏休みに徹底して実施させ秋の新人戦で勝てるようにトレーニングを入れていこうと考えてます(笑)
武道だからと既存の形にこだわらず色々なスポーツのいいところ取をしていき柔道に生かせていけたらと考えてます。

また次のトレーニングメニューを考えて選手の練習に飽きがこないようやっていこうと思います(笑)


1 / 612345...最後 »

▲TOPへ