おっさんのつぶやき

同窓会の話

舞鶴の整体プロ、総合整体療法室です。
20日の日にテレビ見ていたら地元の友達(地元は広島県です)から電話があり、中学校の頃お世話になった担任の先生が(私は隣のクラスでした)退職したと言うことでお祝いを兼ねて同窓会しようと思うとるんよ!と話がありました。
私は昨今の状況に鑑みやるのはええけど、やるならいろんなこと対応せなあかんし安易にやったらあかんで!と言いました。
そんでどうでもいい話を1時間ほどして電話を切りました。
そして昨日別の同級生から幹事してくれんやろかと言う内容のLINEが‼️
俺もう30年舞鶴に住んでいて広島には住んでいないのに幹事って!と思いましたが、、、
まぁ私も今ガチで色々ありすぎて(この場ではお話は控えておきます)現在保留中です。
困難言うても始まらないんですけど、基本現地にいるものが幹事しないといけないと私は思うんです。
俺362キロ離れている舞鶴なので何かあったときにすぐ話し合いで集まるわけにもいきませんからね。
何にしても他力本願です物事済まそうとするのは間違いではと思うので、別の同級生に電話して相談してみることにしよう。
総合療法室facebook


バックストレッチャーとすっきりんぐ

舞鶴の整体プロ、総合整体療法室です。
バックストレッチャーとすっきりんぐを購入し最近整体する前にまずバックストレッチャーとすっきりんぐで背中の筋肉をすっかり伸ばして身体の調整入るようにさせていただいています。
バックストレッチャーはこれです。
 


最近の身体の具合

舞鶴の整体プロ、総合整体療法室です。
私の最近の身体の具合について投稿してみます。
昨年の11月29日に酷いふらつきと吐き気を催し11月30日に受診したら脳梗塞の疑いありということで救急車で医療センターに搬送されて検査をした結果脳梗塞はなく血管も綺麗でした。
ただ長年にわたる過度な飲酒で小脳の萎縮が若干ありました。
肝臓の数値は正常値だったので入院はしなくてよかったですが、血圧が200超えていました。もれなく糖尿病予備軍でかかりつけ医で血圧を毎日測定するコレステロールと血圧の薬を飲むことを指示されました。
もちろん食事も管理する様にと言われました。
考えてみれば、今まで暴飲暴食のやりたい放題
今までのツケが来てしまいました。
お酒は9月からお客様と話をしているときに「お酒飲んでないんや」というお話から今まで散々飲んできたから飲まんでええかな❓と思い一滴も飲んでませんでした。
そして12月からは食事もしっかり管理して今までだったら外食はラーメンがほとんどでしたが、それもやめて家で食べる時もカップ麺は食べないようなりました。
間食もしない様にしジュースも飲まない様にしました。
お茶、コーヒーもノンカフェインを飲むようにしました。
たまにコンビニで買う時はカフェインがあるものになってきますが、
基本的に余分なものを食べない飲まないようにしています。
それによって体重が何もしていないのに4キロ落ちました。
血圧もほぼ正常値に戻ってきました。
お陰で夜はよく寝れるようになりましたし、毎日が快適に生活できるようになりました。
やはり暴飲暴食は若い時はいいのですが、いつまでも若い気になってしていては身体の調子を崩すということを経験できました。
頭ではわかっているのですがついつい自分に甘くなってしまってたんですね。
本当は運動も少しずつしていかないといけないのですがふらつきもあった為にしていませんでした。
そしてふらつきなくなったので軽く歩こうかなと思っていたら積雪でできませんでしたが雪が溶けて歩けるようになったら少しずつ身体の調子を整えていこうと思っています。
お酒も飲まなくなって食事を野菜中心にしたら毎日を軽く過ごせるようになりました。
やはり暴飲暴食はいけませんね。
今回のことで健康の有り難さが身をもってわからせていただきました。
普段の生活の食べる物、飲むものがいかに大切かわからせていただきました。
普段の生活を意識をもって生活できるようになったのですこぶる体調は良くなっています。
この先も暴飲暴食しないように生活していきます。
 
総合療法室facebook
 


最近のスポーツ指導で思うこと

舞鶴の整体プロ、総合整体療法室です。
スポーツ指導について投稿してみます。
最近来られる高校生のスポーツ選手からよく聞くことなのですが、指導者が独りよがりの指導してる人多いなぁということです。
というのは選手の体のことをまったく理解してなくて指導しているということです。
私が入ってた某高校の指導者は、選手が身体痛いというと受診はさせてくれるのですが、病院のドクターがしばらくは練習とかしない方が良いよ。と言われて帰って指導者に報告すると、「出来るかできんかはお前が決めろ‼️」と言われて選手は「できます」というしかないですよね。
そんな指導者を見てきました。
今回は別の話になるのですが、腰椎分離症を持っている選手なのですが、部活でのトレーニングメニュー見させてもらうと、体幹の回旋運動がメニューに組まれていて私は「このトレーニングみんなやってるの?」と聞くと「はい」という返事でした。
腰椎分離症のアスリートにはいきなり体幹の回旋運動は腰椎辷り症(すべり症)を招いてしまうリスクがありますので筋力を強化してからでないとさせては危険が伴う運動なのです。
そしてウエイトトレーニングも組まれてあるのですが、トレーニング前のMAX測定しない状態でメニュー組んでやっとけというものです。
個々の筋力のことも怪我の状態も把握せずやらせている状態です。
そのメニューを見て私が「故障者結構増えてるわ違う?」と聞いたら完全故障者がわかっているだけで3人ほど怪しいの含めると8人ぐらいいますということでした。」
そら選手のこと把握してなければそうなるわなと納得しました。
私は常に思っていることなのですが、選手の体の状態や筋力を把握せず、身体の元気なもの、筋力の強い者基準にトレーニングを設定しているので強いものはより強く、弱いものは故障していくという図式が出来上がってきてしまいます。
日本飲んでスポーツ(部活)は痛い‼️が言いにくい状態にあります。
そして大怪我をしてから「なんで言わなかったんや‼️」となってきます。
そういう雰囲気を作ったのは指導者に他なりません。
確かに痛いに対応していると練習に支障きたすのはわかりますが、そこを根性論と精神論で一括りで片付けるのは問題があるのでは?と私は考えてしまいます。
指導する側は「俺は学生の時このトレーニングで強くなったから、このトレーニングしたらいいんや‼️」と言われますが、私はあなたはそのトレーニングで強くなったかもしれませんが、みんながみんな同じではないですよ、と思ってしまいます。
個々の能力筋力遠見極めて指導する事が大事なのでは?と思ってしまいます。
指導者は独りよがりにならない指導をしてほしいと思います。
これだけやった‼️という実績だけで指導はしない方がいいのではと思ってしまいます。
指導する側は指導が違うなと思った時は思い切って方針転換する勇気が必要ではと思います。
我を通す指導で選手が競技を嫌いになり競技から離れてしまうことを無くす努力が指導者側には必要では?と思う今日この頃です。
支離滅裂なお話となっていると思いますがお詫び申し上げます。
総合療法室facebook


生活改善を初めて5日が過ぎた状況

舞鶴の整体プロ、総合整体療法室です。
11月30日に医療センターでM R I検査をして脳梗塞は無かったけど、超高血圧だったのでかかりつけ医に診察してもらって高血圧改善の生活をすることになって早5日‼️
今までの自分のクズで身体のことを全く考えない生活からほぼ精進料理のような食事‼️
もちろん断酒です。
タバコは15年前にやめているので、これに関しては禁煙という地獄はなかったので何ら問題はありませんでした。
お酒はお店に来店してくださるお客様との話でお客様が禁酒してるんや‼️という話から私も今まで浴びるほど飲んできたし、もう飲まんでいいかな❓と思い3ヶ月前からお酒を飲んでいなかったのでお酒飲まないことも苦痛は無いんですね。
3ヶ月前にお酒飲むのやめていなかったらと思うと怖さしかありませんでした。
人生の棺桶に片足突っ込んだので、あのまま飲み続けてたらと考えるだけで怖いです。
お陰で入院もすることなく、家で普通の生活ができ、仕事も元気にできています。
初めてわかる健康の大切さです。
若いから何とかなるでを地で言っていたので、今回のことは相当堪えました。
Dr.に言われたこともホンマに心に響きました。
今の仕事してなかったら話半分で聞いて流していたでしょうね。
お陰で体重が5日間で3キロ落ちていました。
いかに余分な物食って飲んでいたかがわかりました。
お陰で血圧も順調に下がって言ってます。
まだ若干のふらつきはたま〜に出でくるので運動はまだ控えていますが、ふらつきが無くなってきたら徐々に運動始めようと思います。
人間死に目に遭わないと中々考えを改められないとは言いますが、私は死ぬ一歩手前ではありませんでしたが、3歩前で私からすると相当辛かったので考えを改める機会をいただいと思い摂生生活をしています。
これからは本当に真面目に生活していきます^_^
総合療法室facebook


筋膜調整後の施術

舞鶴の整体プロ、総合整体療法室です。
最近整体をする時に最初に筋膜ローラーで筋膜調整しています。
筋膜調整の回数は30回〜50回を目安に行います。
この筋膜調整を最初にすると筋膜の緊張が緩くなり筋肉の調整した時にかなりの効果を出してきます。
過去には股関節が痛いと言うお客様にも筋膜調整して軽く筋肉調整したら痛みと違和感がが無くなりスムーズに動かすことができました。
そして施術後は筋肉だけの調整では感じられないくらい軽く感じるようです。
筋膜が硬くなるとそこから痛みも出るようで、お客様にもよるのですが痛みがなくなったと言う方もおられます。
痛みが無くなっても軽く筋肉調整とPNF(徒手神経促通方)と骨格調整は実施します。
ですから最近の施術では必ず最初にマッサージローラーを使って筋膜緩めてから施術させていただいています。
下の写真がマッサージローラーです↓
皆さんも身体の疲れでどうしようもない時は、筋膜ローラーからの筋肉調整、骨格調整をして身体のケアをしてみませんか?
総合療法室facebook


嫁さんの調整

舞鶴の整体プロ、総合整体療法室です。
11月17日の日に嫁さんの身体の調整を午前中にしました。
寒くなってきて緊急事態宣言も解除されて仕事が中々に忙しくなってきて、腰、膝、足首が痛くて仕事に支障をきたしていると言うことでした。
そこで身体の調整をすることになったのですが、最近家の中で注目されている筋膜調整というものも私の施術ですることにしました。
これは最近来ていただくお客様にも施術しているものでかなりの効果が出てきている方法です。
マッサージスティック、マッサージローラーと言われる動具を使用します。
こんな動具です。
最初に筋膜を調整するとかなりの確率で筋肉が柔らかくなり調整が楽になりますし、施術される側の筋肉の張りからくる痛みも少し楽になります。
この筋膜調整の後に筋肉を調整して骨格を矯正していきます。
腰、膝、足首は
調整後に相当楽になったようです。
しかし、腰はまだ若干の痛みは残っているようです。
この腰の痛みに関しては、施術の感覚を短くしていき徐々に痛みを取る方向で施術していかなければいけないな?と感じています。
一回で物凄く良くなるのは稀ですね。
やはり身体のケアを頻繁にしていくことが大切になってくるんです。
一回で良くなると言うのは、定期的に運動されている方か、頻繁に身体の調整をされている方になってきます。
身体の状態を良くしていくには継続的な治療が必要になってきます。
病気などが早期受診早期治療と言われるのと同じことなんです。
定期的に治療していると、ここは怪我するなとか、このままいくと慢性痛になるなと言うところがわかってきます。
そして、早期に(痛みのないうちに)調整することができるんですね。
ですから痛みが出てから治療するのではなく、痛みのないうちに身体の調整をしてベストな状態で生活していくことが大切になってくるのです。
痛みが出てからではなく、痛みがないうちにを意識していきましょうね♪
違和感があるとか、突っ張りがあるなぁと言う場合は身体の調整をしていきながら痛みが酷くならないようにすることを目指してみませんか?
総合整体療法室は筋膜調整から筋肉調整をしていきますので是非お試しください。
皆様からのご相談、ご予約お待ちしています。
総合療法室facebook
 


11月9日予約状況

11月9日(火)の予約状況のお知らせです。
午前10時予約あり
午後
午後1時予約あり
午後2時30分予約あり
午後4時10分予約あり
午後5時30分予約あり
時間外
午前
受け付けていません
午後 
午後7時予約あり
時間外施術は時間外料金1000円申し受けます。
(ただしフリープランお申し込みの方は時間外施術料金は申し受けしませんのでご了承のほどよろしくお願いします。)
 
総合療法室facebook


上前腸骨棘離裂骨折

舞鶴の整体プロ総合整体療法室です。
今回は10代の若者に多い上前腸骨棘離裂骨折について投稿してみます。
簡単に言うと骨盤の剥離骨折です。
上前腸骨棘離裂骨折すると歩いても座っても痛いと言う症状が出てきます。
さらには触っただけでも痛いと言う圧痛が起こってきます。
圧痛は思い切り抑えると痛いと言うものではなく軽く触っただけでも痛いと言うものです。
場所は骨盤のどこ?と言うことになってきますが、場所は写真の場所になってきます。
ここに付いている筋肉が縫工筋と言う座るときに主に使う筋肉です。
内腿の細い筋肉なんですね。
剥離骨折と言うと中々想像できなあと思いますが、写真で言うとタイルやレンガなどが経年劣化により剥がれてしまう状態です。
こんな感じです。
内腿の筋肉は細い筋肉の集まりなので
筋肉が疲労起こしやすく筋肉の柔軟性が無くなったら筋肉の腱日負担がかかり骨を剥離させてしまうことを剥離骨折と言います。
こうなってしまうと1ヶ月程度は安静にしなければならなくなってきます。
痛みがひどい場合は松葉杖を使用して足に負担がかからないようにしないといけません。
そうならないためにも違和感を感じたりした場合は身体のケアが必要になってきます。
ここで無理してしまうと疲労骨折投稿なってしまいます。
軽度でも肉離れになってしまいます。
中程度でも鵞足炎(難治性)になってしまいます。
内太ももを損傷してしまうと中々治癒するのが難しいのです。
その後のリハビリでも中々復帰するのが難しいんです。
総合整体療法室ではスポーツ障害になってしまう前に筋肉の疲労をとっていき筋肉の正しい使い方
を脳に覚えてもらうようにPNFなどをしていって怪我などを防止しています。
正しく身体を支えていないとガタガタになっていきパフォーマンスを出せないようになってしまいます。
治癒後は再発しないようにトレーニングしていきます。
日々のケアが大切になってきますのでお子さんのことで気になる方やスポーツしていて気になる方は一度総合整体療法室にご相談ください。
結果を出すのは直ぐには出ないですが、コツコツとか積み重ねていくと先々で必ず出てきます。
怪我防止と怪我をした後の復帰のために身体のケア等をしてみませんか?
総合療法室facebook


両膝の痛み

舞鶴の整体プロ、総合整体療法室です。
今回は私の両膝の痛みについて投稿します。
先月の12日以降から正座した時に膝の痺れ、膝の痛みを感じるようになってきています。
これについては原因は分かっているんです。
12日の日に訳あって2時間正座することがあったんです。
(決してお叱りを受けたりとか、反省の意味を込めての正座ではなかったことを最初に言っておきます🙇‍♂️)
 
2時間正座すると大腿二頭筋(太ももの前側)、ハムストリング筋(太ももの裏側)、前脛骨筋(スネの筋肉)が硬くなってしまって30分ぐらいの正座でも膝の痛み、足の痺れがものすごく出やすくなってしまっている状態です。
これは完全に太ももの前側と太もも裏側とスネの前側の筋肉が硬くなっている状態なんです。
筋肉の柔軟性が無くなっている状態です。
ストレッチポールなどで腸脛靱帯、太もも前側、太もも裏側をほぐしていかないと痛みと痺れは無くならない状態だと自分では分かっているのですが、ストレッチポールを使用する事ができていない状態です。
あと脛の筋肉もしっかりストレッチしないといけないのは分かっているのですが中々そこに至らないのがダメなところなんです。
本当に時間を自分でやりくりして3分でも5分でも体のケアしているように時間作らないといけないですね。
ケアしていくと状態がどうなったかは、また投稿させていただきます。
総合療法室facebook
 


2 / 1512345...10...最後 »

▲TOPへ