舞鶴のスポーツ整体プロ、総合整体療法室です。

今回は”膝に水が溜まる”そして”水を抜くと癖になる”ということについて投稿してみたいとおもいます。

では、膝に溜まる”水”とは何なんでしょう?

膝に溜まる水は”滑液”といわれる関節の動きを滑らかにする為の潤滑油の役目をする分泌液のことです。

筋肉の歪みから膝関節に歪みが出て、歪みのある状態で膝関節を動かしていくと滑液を分泌する為の滑膜といわれる組織を骨が刺激して滑液が通常よりも多く分泌される状態が、いわゆる膝に水が溜まる状態になります。

これを読まれてお気づきになった方もおられるかもしれませんが膝に水が溜まり病院で水を抜くと癖になるというのは大変な間違いであります。

総合整体療法室では膝関節のズレから水が溜まった方を治療してきましたが、全ての方が膝関節を矯正することにより水が溜まらなくなり完治しています。

これを読まれた方は、膝の水を整形外科で抜いてもらうと癖になるというのは間違いです。

しっかりと筋肉を調整して膝関節を矯正すれば滑液の過剰分泌はなくなり膝の痛みに悩まない生活を送ることができるようになります。

膝の痛みや膝に水が溜まることで悩まれてる方は是非、

総合整体療法室にご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポーツ障害・スポーツ整体の専門院
総合整体療法室

●住所 〒625-0036 京都府舞鶴市浜613
●電話番号 090-8236-2248
●営業時間 10:00~19:00 ※時間外も応相談

≫ホームページからのお問い合わせ・ご予約はこちら(24時間受付)≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━