舞鶴のスポーツ整体プロ、総合整体療法しつです。

大変おそくなりましたが4月のトレーナー活動について報告させていただきます。

4月16日土曜日に京都府春季陸上競技大会がありトレーナーとして京都共栄学園高等学校陸上競技部に帯同してきました。

この日は怪我人もなく無事競技を終えることができました。

この大会では冬季に実施してきたトレーニングがどのような状態になっているか、そして今のパフォーマンスをしるために出た大会であるので記録は考えず今の自分の力がどれだけあるかのを知る大会でもあります。

冬季に頑張ってウェイトをして来た選手は満足の行く結果はでませんでしたがほとんどの選手が自己ベスト更新をしてくれました。

大会の照準を合わせてるのは京都インターハイなのでその大舞台でさらに記録を更新し次に繋がる近畿インターハイを目指して更には全国インターハイに出場目指して調整をしていってもらいたいものです。

2週間後の土曜日は福知山クラブ対抗陸上競技大会があり福知山桃映中学校へ京都共栄学園高等学校陸上競技部に帯同していってきました。

この時は200m男子決勝で二年生の選手がレース中に太もも裏に違和感と痛みを訴えて100mすぎたあたりで倒れ込みました>_<

三年生の先輩が直ぐ氷を持って行ったので私は救急セットを持って行き氷を置いて直ぐに弾性包帯で固定更に肉離れを想定して膝上にテーピングを巻き内出血した血が下にいかないように処置して15分安静にさせてから他の部員に肩を貸してもらいチームのテントまで運びマットを敷いて膝下に丸めた毛布を入れて座らせました。

この場合、膝を伸ばして座らせるとかなり痛みを伴う上に、もし肉離れを起こしていない場合2次被害で肉離れを起こす可能性が大きいからです。

痛みが和らいだところで肉離れようのテーピングを巻き弾性包帯で圧迫して応援に来ていたお母さんに連れて帰っていただきました。

後日、病院に受診したら肉離れは起こしていなかったそうで安心しました。

しかし筋肉がかなりの拘縮を起こしており肉離れを起こす危険がありますので現在はストレッチを中心に軽い運動をしてもらってます。

このブログを読まれた方は怪我をした時いかに応急処置が大事かを理解していただけたと思います。

怪我をした後は絶対に無理させない事も大事になってきます。

たかが捻挫‼️

たがか肉離れ‼️

たかが痙攣‼️

と思わずしっかりとした処置、対応をしていくことが大事だということを理解して下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポーツ障害・スポーツ整体の専門院
総合整体療法室

●住所 〒625-0036 京都府舞鶴市浜613
●電話番号 090-8236-2248
●営業時間 10:00~19:00 ※時間外も応相談

≫ホームページからのお問い合わせ・ご予約はこちら(24時間受付)≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━