舞鶴のスポーツ整体プロ、総合整体療法室です。

今回は野球のピッチング時における足首の重要性について書きたいと思います。

みなさんボールは手で投げますよね。

野球経験のある方は、よくお分かりと思います。

しかし、野球経験のない方からすると何故足首が?と思われるに違いありません。

速い球を投げるには腕を思い切り振れと指導される方は大変多いと思います。

しかし一時的に速い球を投げれても、すぐに肩肘を壊し復帰したとしてもコントロールが悪く変化球の精度も非常に悪くなります。

ピッチングは簡単に言いますと股関節から肩、肘、手首、最後に足をしっかり蹴りボールに自分の体重を乗せて投げていきます。

この時、足首の関節や足の骨の位置がズレているとピッチングの最後に足をしっかり蹴れないため腕投げになり肘肩を痛めるリスクが高くなります。

バッティングにも影響が出ます。

キャッチャー側の足が内側に回転しにくいためピッチャー側の足が壁を作れず外に開いてしまいボールを引っ掛けたり凡フライになりやすくなります。

更には足首が悪く踏ん張りが効かないので腕打ちになったりします。

そうなってくると腰痛が出てきて腰痛との戦いになってきます。

野球だけではありませんが足首の動きは命です‼︎

野球をされてる子供さんで最近うちの子コントロールが悪いなぁ?とか内角打が苦手とかファールに良くなるなぁとか思われてる親御さんがおられましたら是非、総合整体療法室にご相談下さい。

身体の根本的な原因を追求してパフォーマンスアップできるようにお手伝い致します。

また、野球トレーナーの資格を持つ私がチームでのトレーニング指導も致します。

チームを強くしたいチームのみんなに野球を楽しみ上手になって欲しいと願っておられるチームがございましたら、いつでも相談に応じます。

皆様からの連絡お待ちしています。

m(_ _)m

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポーツ障害・スポーツ整体の専門院
総合整体療法室

●住所 〒625-0036 京都府舞鶴市浜613
●電話番号 090-8236-2248
●営業時間 10:00~19:00 ※時間外も応相談

≫ホームページからのお問い合わせ・ご予約はこちら(24時間受付)≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━