舞鶴のスポーツ整体プロ、総合整体療法室です。

さて、今回は皆さんが筋トレをする際もっともメジャーなベンチプレスの注意点について書きたいと思います。

皆さんベンチプレスをする時、胸と腕を意識して実施していませんか?

確かにベンチプレスをして腕と胸の筋肉を逞しくしたい。

これは男の願望ですよね。

しかし、寝たまま重いものを挙げるには腕と胸の筋肉は勿論使います。

ここを意識するあまりに、今度は降ろす時に腕だけに頼りがちになり肩を痛める方が多いです。

ベンチプレスは挙げる時と降ろす時に最大限意識するところは背筋、背中な筋肉なんですね。

どのスポーツにしても背筋と言うのは非常に大事で筋トレにおいても言えます。

みなさん考えてみて下さい。

重い荷物を持つ時に腕の力だけで持ち上げれるでしょうか?

短時間でしたらできると思います。

しかし、最大限に力を出し持ち上げ腰を守るためには腕を閉じて背筋を使う事が大事になってきます。

ベンチプレストレーニングで降ろす時に背筋に意識を集中して降ろさないと肩と腰が前に反り痛める原因になってしまいます。

特に肩を痛めると肩鎖関節などを痛めて靭帯が伸びてしまい肩を回す度にゴキゴキと音がするようになってしまいます。

そうなると肩のインナーマッスルトレーニングを集中的にしていかないと競技時のパフォーマンス低下に繋がりスポーツ障害で苦しむ事になります。

そうならないためにもベンチプレストレーニングは挙げる時にも降ろす時にも腕、胸、背筋をしっかり意識して実施するようにしていきましょう。

学校やクラブチームなどでトレーニングマシーンはあるが効果的な使い方がわからないやトレーニングの要点がわからないなどありましたら直接指導に伺います。

ホームページや電話などで直接連絡いただければ日程調整させていただきます。

皆さまお気軽にご相談下さい。

お待ちしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポーツ障害・スポーツ整体の専門院
総合整体療法室

●住所 〒625-0036 京都府舞鶴市浜613
●電話番号 090-8236-2248
●営業時間 10:00~19:00 ※時間外も応相談

≫ホームページからのお問い合わせ・ご予約はこちら(24時間受付)≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━