舞鶴のスポーツ整体プロ、総合整体療法室です。

まず、腰椎分離症とは何か?と言う事です。

簡単に言えば、腰椎の疲労骨折です。

では、腰椎分離症の疾患概念とはなんなのか?

腰椎分離症とは、腰椎椎弓の関節突起間部(狭部)の骨性連絡が絶たれた状態を言います。

誘因.原因
ほねが完成していない少年期の過度のスポーツ活動が原因であることが多い。

病態

腰の運転、特に回旋運動を繰り返していると、関節突起間部にストレスが集中し疲労骨折が起こる、この疲労骨折が骨癒合しないと偽関節状態になり分離症が形成される、下位椎骨との連結状態が不安定であるため、成人期に入って徐々に前方にずれ、分離すべり症となる。


症状.臨床所見

分離症特有の痛みはない、少年期に疲労骨折を起こした時期には強い腰痛はでるが、これは疲労骨折の痛みと考えるのが妥当である。

検査.診断.分類

単純X線斜位像にて判定が行われ、すべり症の程度は単純X線側方向にて計測する。

詳細判定を要する場合にはCT像を要する。

治療

少年期に起こる疲労骨折の段階で、腰部安静にて骨癒合が可能。

慢性腰痛にたいしては、症状の程度に応じた対症療法が主。

根性疼痛が難治性の場合には手術療法を行う。
この様に腰椎分離症を発症してしまうと難治性であり常に腰痛に悩まされスポーツや日常生活で非常にリスクが高くなってきます。

じゃあ腰椎分離症にを発症してしまったら競技は出来ないのか?と思われる方もおられるかもしれませんが、そうではありません。

発症したら我々トレーナーが分離症を補う為のトレーニングメニューを組み、それらを実施して行く事によって競技を続ける事ができます。

今まで私が調整させていただいたクライアントの中で圧倒的に分離症が多いのは、やはり野球ですね(・_・;

投げる打つ全ての動作に捻りがかかりますからね。

もちろん一番良いのは、分離症にならない為にも定期的なメンテナンスが一番いいのです。

定期的な身体のメンテナンスをすることにより今の自分の身体の状態や子供の身体の状態を知ることができるのです。

自分や子供が分離症で悩んでるという方や分離症にならない為にはどうしたらいいの?と思われでる方などいらしたら、お気軽に電話やホームページからご相談下さい。

定期的なメンテナンスで身体を健康にしてパフォーマンスをアップしてスポーツを楽しんでいきましょう。

また、怪我を防止する為にもチームトレーナーをして欲しいなぁ〜と言うチームや学校の部活などありましたら承ります。

いきなりトレーナーはなぁ〜と言う方やチームもあると思います。

そんな時は、話だけでも聞いてみて下さい。

なるほどな‼︎と思う事もたくさんあると思いますよ。

皆様からの質問ドンドンお待ちしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポーツ障害・スポーツ整体の専門院
総合整体療法室

●住所 〒625-0036 京都府舞鶴市浜613
●電話番号 090-8236-2248
●営業時間 10:00~19:00 ※時間外も応相談

≫ホームページからのお問い合わせ・ご予約はこちら(24時間受付)≪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━